私たちの活動


 シロアムの園 は、ケニアの教会である「コイノニア・ミニストリー」 の一つの事業として、ケニアの障がい児やそのご家族にとって必要なこと、大切なことを、その人まるごと受け入れて、総合的なケアを行うことを目指しています。

 「障がい児」 とひとくくりにしても、それぞれのニーズも状況も違います。ひとりひとりの既に持っている能力・賜物を大切にしながら、それぞれの違ったニーズに寄り添っていきたいと思っています。

私たちの活動の様子を、是非 ニュースレター 御覧ください。


第一期(5年間)には、以下の活動を計画しています

1.キリスト教信仰に基づく、障がい児のための医療・教育一体型の施設の設立と、サービスの提供
•  全日制特別支援学校:教育・リハビリテーション・生活力向上プログラム、親への教育など
•  リハビリテーション外来(作業・理学・言語・心理療法など)
•  障がい児外来(診断的検査、治療など)

2.障がい児とその家族のためのネットワーク・収入向上活動
•  患者・患者家族の会(悩みの共有や情報交換、助け合いなど)の設立とその支援
•  この会とケニア国内・外の同様の会の交流・連携促進
•  患者家族会に対する職業訓練
•  患者家族や本人による収入向上活動の支援

3.コミュニティにおけるアウトリーチ活動・啓蒙・教育活動
•  コミュニティ内施設(教会・学校・医療施設など)を利用して、障がい児の診断やリハビリ・教育サービスを実施
•  教会やコミュニティ住民(リーダーや保健ボランティアなどを中心に)に対する障がいに関する教育、およびそれらを通してのコミュニティ内でのケア・啓蒙活動(差別を減らし、早期診断・治療につなげる目的など)
•  保健医療従事者、教師などに対する教育活動


 もちろん、簡単な取り組みではありません。しかし、誰かが手をつけなければ、いつまで経っても、ケニアの障がい児たちの命の質は向上しません。そのために、ケニア政府を始め、多くのパートナーや、心を共にしてくださる方々と一緒に、がんばっていきたいと思っています。