スタッフ紹介

シロアムの園 は、それぞれ違った賜物をもった様々な職種のスタッフが、各々の持っているものを最大限に活かしながら、一つのチームになって、助け合って働いています。色々なニーズをもってシロアムの門をくぐるお子さんやご家族に寄り添っていくために、スタッフたちが、話し合いを繰り返し、ひとつひとつのことに心を込めて関わっています。

小児科医のカズコ

事業代表ですが、子供たちの診断や治療も行います。

広い心で、常に子どもたち、スタッフ、支援者の皆さんを一番に考えながら活動しています。彼女の輝く笑顔は、子どもたちへの愛とケアする気持ちに溢れています。

 「外から見ると子どもたちの成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。しかし、私たちにとっては、子どもたちの成長が神様のご計画の中で確実に進んでいるのを見ることができ、とても嬉しいことです。また、ご家族の子どもたちに対する姿勢や気持ち、考え方の変化は素晴らしいものです。スタッフ、子どもたち、ご家族、そして支援者の方々など、シロアムの園に関わる人たちが同じ方向に向かっていると思います。それが、私のシロアムの園の好きなところです。」


作業療法士のバシリサ

バシリサは、シロアムの園の設立以来、作業療法士として働いています。

彼女は子どもたちの生活に必要なスキルをできる限り向上させるため、日々子どもの状態をみて作業療法を行っています。また、ボランティアの言語聴覚士さんから学んだ言語療法や摂食訓練にも取り組んでいます。

「シロアムの園では、豊かな子どもたち、貧しい子どもたち、どんな子どもたちに対しても自分の最善を尽くすことができます。だから、私にとってシロアムの園で働くことは喜びであり宝です。また、スタッフたちは家族のような存在であり、差別をしたり何かを制限することもありません。私は、ますますここで働くことへの希望を熱意が日々与えられています。」


理学療法士のムハンジ

ムハンジは、運動療法等を通して、子どもたちの動きや自立を促していくことを専門にする理学療法士です。また、彼はセラピーを行うだけではなく、子どもたちに沢山の愛情を注ぎ、理学療法以外のケアや子どもたちと遊んだりするのが大好きです。 いつも笑顔で優しく励ましてくれるムハンジのセラピーを、子どもたちも楽しんでいます。

「シロアムの園の好きなところは、子どもたちと関わり、子どもたちの成長を見られることです。」


特別支援教諭のエリザベス

エリザベスは、特別支援が必要な子どもたちの先生です。言語や会話、学習に困難を抱えている子どもたちや、精神的・感情的・社会的に障がいがある子どもたち、そして自閉症や脳性麻痺などにより体を動かすのが難しい子どもたちを教えています。 献身的であるだけでなく、子どもたちと関わる時に忍耐強く落ち着きのある姿勢は、彼らやそのご家族にとって大きな心強い支えになっています。

「シロアムの園での仕事で私が好きなところは、子供たちが自分を表現したり、みんなに愛され、シロアムの園の家族の一部として過ごしている姿を日々見られることです。」


幼稚園教諭のセシリア

セシリアはとても勤勉な幼稚園の先生です。

彼女の向上心でみんなが励まされます。朝の会で歌を歌う明るくエネルギーに溢れた彼女の姿は、多くの子どもたちに喜びを与えてくれます。

 「私がシロアムの園について好きなところは、子どもたちが笑ったり喜んだり、シロアムの園のみんなから愛されている姿を見られることです。また、子どもたちがシロアムの園の外ではできなかったことが、この園でできるようになるのもとても嬉しいです。」


ソーシャルワーカーのウィーニー

ウィーニーはシロアムの園の明るいソーシャルワーカーです。

彼女は毎日、通園するすべての子どもたちの出欠を確認します。そして、子どもたちと通ってくるご家族の社会的・心理的サポート行い、コミュニティとの連携を促進します。彼女の陽気で活発な性格は、シロアムの園に心地よい雰囲気を作ってくれます。

「シロアムの園で働く中で、子どもたちやご家族と共に活動したり、神様のことを考えたり、彼らの生活に触れられることはとても幸せです。そして、特にご家族がシロアムの園の支援によって希望を持てることはとても嬉しいことです。」


ディレクターアシスタントのタビサ

タビサはとても落ち着きのあるディレクターアシスタントで、シロアムの園の運営管理を手伝っています。

彼女は物の調達管理をしたり、種々の手続き、スタッフが働きやすい環境づくりもしています。シロアムの園をより良い団体にしていくためにとても勤勉に働いています。

「シロアムの園の好きなところはチームワークです。初めてここに来たとき、私は障がい児への接し方や治療についての知識がありませんでしたが、スタッフのみんなが助けてくれました。神様のことを一番に考えているところも好きです。毎朝のお祈りの会で私はたくさんの励まされています。また、子どもたちが地域社会でどんな状況下にあろうと、私たちは子どもたちやご家族に希望と愛情で溢れた環境を提供していることも好きです。」


チーフアシスタントのグラディス

 グラディスはシロアムの園のとても信頼できるアシスタントです。子どもたちのクラス活動の手伝い、給仕や清掃の仕事をしています。アシスタントたちのリーダーとしても活躍しています。

彼女の暖かく優しい性格から、誰もが気軽に彼女に話しかけたり助けを求めることができます。

「私は子どもたちとその笑顔が大好きです。私は彼らのお世話をしたり、一緒に遊ぶこと、そして一緒にお祈りすることも好きです。クラスでは、子どもたちと一緒におもちゃや絵に触れることが好きです。」


アシスタントのジョン

ジョンはいつも紳士的で、子どもたちやそのご家族を理解している素晴らしいアシスタントです。

子どもたちと触れ合ったり、お話をしたり、またはお掃除をする時ですら、とても冷静で思いやりがあるので、子どもたちは愛され、思いやってもらっていることを感じことができます。

「シロアムの園の大好きなところ、みんなが子どもたちに心から奉仕し、まるで自分たちの本当の子どもかのように彼らを愛していることです。そして、他のスタッフやカズコ先生から多くのことを学べることです。」


アシスタントのスーザン

スーザンはとてもフレンドリーなシロアムの園のアシスタントです。

彼女の魅力的なえくぼの笑顔とおしゃべりは、子どもたちを安心させてくれます。また、彼女の陽気さがいつもスタッフやボランティアとの会話を盛り上げてくれます。

「シロアムの園の好きなところはキリスト教の信仰やイエス様ついて話せること。あと、子どもたちとそのご家族も大好きです。彼らと交流し遊ぶことができて、とても嬉しいです。」


管理人のメシャック

メシャックはシロアムの園設立以来、管理人として働いています。

彼はシロアムの園の管理人として敷地内に住み、事務所を守り、清掃、洗濯、調理なども行っています。彼の暖かい笑顔は、ご家族、子どもたち、スタッフ、ボランティアにいつも安心を与えてくれます。また、彼の活発な性格はいつもみんなの気分を明るくしてくれます。そのおかげもあり、シロアムの園のスタッフ間には笑いが溢れ、皆とても仲が良いです。

「私はこの団体が大好きです。なぜなら、地域社会にとても役立っていて、障がいのある子どもたちへの愛で溢れているからです。そのおかげで、子どもたちの生活の質が向上するのを見ることができます。」


運転手のジョセフ

ジョセフはシロアムの園設立以来、明るい運転手として働いています。

子どもたちとご家族の送迎のみならず、子どもたちの面倒もみています。活発な子どもたちは、ジョセフと遊ぶのが大好きです。彼の社交的でフレンドリーな性格は、子どもたち、ご家族、スタッフ、そしてボランティアの皆さんが、いつも歓迎されている気持ちにさせてくれます。さらに、ゴスペルソングを歌う際の彼の歌声は、みんなの声を一つにし、活気をつけてくれます。

「私のシロアムの園で一番好きなところは、キリスト教の背景に基づいて当園があるというところです。」


運転手のジョニー

ジョニーは、クラウドファンディングでシロアム2台目車輌を購入した2018年の初めに雇用されました。

とても穏やかな性格で、仕事を楽しんでいます。会う人会う人とお友達になれるのが彼の長所です。いつも新しいことを学ぼうとしており、団体の活動に積極的に参加しています。

「シロアムの園は、聖書を読んで一日を始めるところが好きです。私は、子どもたちが大好きですし、彼らを車の中で助けてあげることも好きです。そして、親御さんたちが子どもたちのために献身的であることも、素晴らしいと思います。」


夜警のトム

トムはナイトガードとしてシロアムの園の極めて重要な役割を果たしています。

彼はシロアムの園の子供たちに出会うことはあまりありませんが、毎晩シロアムの園を守っています。

「シロアムの園の親切なスタッフには非常に感謝しています。」


よしと&あいか(2015年)

タスカ&よしと(現在)

あいかはもう亡くなってしまいましたが、新しくタスカが2016年に仲間入りしました!


The Garden of Siloam

Koinonia Ministries
PO box 1261-00621, Nairobi,
Republic of Kenya
e-mail : info@thegardenofsiloam.org
代表者 : 公文 和子